国際交流情報

国際交流情報
1234
2021/10/26

【国際】大学の先生によるZOOM講義を受講しました!

| by 職員0259

来年2月に開催予定の麗澤大学国際学部主催の高校生プレゼンテーションコンテストに国際教養クラス1・2年生及び総合進学クラス1年生の3クラスが本選出場を目指してチャレンジすることになりました。テーマは「日本の当たり前と世界をつないで、何ができるか」。これに関して、生徒が自ら課題を設定するヒントとして、国際学部の3名の先生方にZOOMによる特別講義をしていただきました!

10/6は、松島正明教授による「持続的開発目標(SDGs)」に関する講義でした。松島先生からはJICAで緒方貞子先生のもとでお仕事をされていた時の経験など、興味深いお話をいくつもいただきました。至るところで耳にするSDGsという言葉が本来どういう意味合いを持つ言葉なのか、成り立ちを含めて大変ていねいに解説していただきました。「SDGs2030年時の地球のあるべき姿/状態を描いている」という事実に触れ、多くの生徒が10年後の地球のために何をすべきかを具体的にイメージするきっかけとなりました。

10/7は、内尾太一准教授とジェイソン・モーガン准教授による講義でした。内尾先生のお話は「日本のあたり前と世界をつないで何ができるか」というものでした。コロナ以前でも、風邪を引いた時には他人にうつさないようにマスクを着用することが常識であった日本人の思いやりを世界に発信することなど、新しい着眼点をいくつもご紹介いただきました。また、プレゼンテーションの組み立て方に関する大変実践的なアドバイスもいただきました。

モーガン先生の講義は、大変流ちょうな日本語により行われました。吉野の森林保全運動や、土地の性質を生かした植樹方法である「宮脇方式」の紹介など、日本国内でのSDGs活動について、詳しくご紹介いただきました。アメリカ人であるモーガン先生から「海外だけでなく、日本(今住んでいる国・自分の国)の面白さにも目を向けよう」という提案をいただき、たくさんの生徒が刺激を受けていました。

 大学の先生方の大変興味深いお話に触れる大変有意義な機会となりました。麗澤大学の先生方、アドミッションセンターの北隅様、ありがとうございました。今月末にも、プレゼンテーションにあたりパワーポイントの作成方法についてのZOOM講義をしていただく予定です。


16:00 | 投票する | 投票数(1)
2021/10/26

【国際】イングリッシュキャンプを実施!

| by 職員0259

9/3010/12日間で、さわやかちば県民プラザにて、1年A組(国際教養クラス)生徒を対象に「イングリッシュキャンプ」を行いました。「キャンプ」といっても、宿泊ではなく2日間通いの行事なのですが、日本語禁止、2日間英語漬けの濃密なイベントです。

本校ALTのブランドン先生とディアナ先生が計画を立て、柏市の20名のALTの先生方の御協力のもと、自分の好きなものについて紹介する「Show Tell」、レストランでの注文の仕方や買い物、空港の入国審査など、様々な活動を行いました。

英語で発言したり、クイズに正解すると、先生方からWorm fuzzy(ワーム・ファジー)という毛糸をもらえます。なんと、2日間で150本以上集めた生徒もいました!

コロナウィルスの感染状況と台風の動きに注意しながらの開催となりましたが、無事に実施できましたことを大変うれしく思います。次年度のアメリカ語学研修に向けて、有意義なトレーニングとなりました。

 

柏市のALTの先生方とのグループ・トークの様子。

 

自分の好きなものを紹介する “Show and tell”の様子。

 

入国審査の様子。無事に通過できるか!?

 

発言するたびにもらえるWorm fuzzy、何個ゲットできたかな?

 
15:30 | 投票する | 投票数(1)
2021/06/25

【国際交流】トーランス&2A

| by 職員0259


トーランス市高校生5人と2A生徒21人とのZOOM Meeting。
2Aは3,4人グループに分かれそれぞれ会話を楽しみました。


09:00 | 投票する | 投票数(2)
2021/06/23

【国際交流】あの有名YouTuberとコラボ英会話!

| by 職員0259


6月10日
に、YouTubeチャンネルHAPA英会話」で有名な、Jun Senesac(ジュン・セニサック)さんとオンライン英会話イベントを行いました。

Jun
先生は、柏市の姉妹都市であるカリフォルニア州トーランス出身・在住の英会話講師で、なんと高校生の時に姉妹都市交流プログラムでイチカシを訪れたことがあるそうです。

HAPA」とはハワイの言葉で、「ハーフ」という意味だそうで、Jun先生はアメリカ人のお父さんと日本人のお母さんを持つハーフです。

ご自身のバックグラウンドを生かし、英語と日本語を深く学ばれ、バイリンガルならではの視点と豊かな知識をもとに、YouTubeを中心に大活躍されています。今回、本校ALTのディアナ先生の友人ということもあり、イベント参加を快諾していただきました!

当日は、A組の生徒と国際交流委員のメンバーを中心に、たくさんの生徒が参加し、
Jun先生のお話に耳を傾けました。

いかにして2か国語をマスターしたか、英語を勉強する上で大切なことは何か、柏での思い出、柏の友人たちと今も交流が続いていることなど、どれも大変興味深く、参考になることばかりでした。

Jun
先生のお話のあとで、イチカシ生たちからの質問コーナーの時間があり、様々な質問のひとつひとつに、大変ていねいに答えていただきました。

コロナウィルスの影響で、なかなか対面での国際交流の実現が難しい中で、オンラインでも、オンラインだからこそできる国際交流を体験することができました。
Jun先生、お忙しいところありがとうございました。今後のYouTubeも楽しみにしております!

 
【↓Jun先生のYouTubeチャンネルはコチラ↓】

 https://youtu.be/jLshSW8MeZE



15:01 | 投票する | 投票数(0)
2021/03/22

スピーチコンテスト優勝・準優勝!

| by 職員0259

    

 千葉県国際教育研究部会主催の「第24回日本語・英語弁論大会」が、出場生徒のスピーチ動画を審査する、オンライン方式で行われました。

 本校からは、2年A組の柏木茉林さんと、三木フジオジョシュア君が参加し、柏木さんが「第2部門(留学生による日本語スピーチ)」で1位、三木君が「第1部門(英語スピーチ部門)」で2位という、輝かしい成績を収めました!

 柏木さんは、「太棒了(たいばんら)~私の前途を照らす光~」というタイトルでのスピーチを行いました。「たいばんら」とは、中国語で「よくがんばりました」という意味で、柏木さんが中国から日本の中学校に転校してきた時に、当時の担任の先生が中国語を勉強し、日直日誌に書いて、柏木さんを励ましてくれた言葉だそうです。この言葉を胸に、日本語の勉強も頑張り、高校に合格できたという柏木さん。今後の益々の活躍を楽しみにしています。ちなみに、柏木さんを励ましてくれた、中学校時代の担任の先生が、本校体育科の槙野先生だそうです。槙野先生も、うれしい報告に喜んでおられました。

 三木君は、 “The Sad Reality of My Dream Job”というタイトルで、英語によるスピーチを行いました。三木君はフィリピン出身で、将来は警察官志望です。母国フィリピンにおける政治や警察をとりまく問題について憂い、解決策を訴える、力強い内容のスピーチは、とても聴きごたえのあるものでした。得意科目である英語や、持ち前の使命感で、将来を切り拓いていってほしいですね。

 1位に輝いた柏木さんは、7月に行われる関東ブロック大会に進出します。関東を突破すれば、8月の全国大会に進むことになります。ぜひ、ベストをつくしてください。

 国際教養クラスでは、過去3名の卒業生が全国大会で大臣賞を受賞しています。国際教養クラスでは、日本語を母語としない生徒への日本語指導の一環として、様々なスピーチコンテストに積極的に参加しています。今後とも、応援よろしくお願いいたします!

 

以下のURLから、柏木さんと三木君のスピーチをご覧になることができますので、是非アクセスをお願いいたします。

 

【柏木さん】 https://youtu.be/k9J8EIK67Hk

【三木くん】 https://youtu.be/xNgjOv_i6kE



11:00 | 投票する | 投票数(7)
1234