国際交流情報

国際交流情報
1234
2022/09/29

【国際】1年A組 English Camp!!

| by 職員0259
今日は、さわやかちば県民プラザにて、1年国際教養クラスのイングリッシュ・キャンプの1日目が行われました。この行事は、2日間英語を使って行われる1年国際教養クラスの目玉行事で、多くの先輩方もこの行事を経験して、英語力が大きく向上しました。1日目は、写真を見て説明する練習をしたり、レストランの予約の練習など、会話に慣れるトレーニングを行いました。

はじめは緊張していましたが、ディアナ先生とクリス先生に加え、柏市の5名のALTの先生の御協力のもと、楽しく英語を使ってアクティビティに参加することができました!

明日も積極的な発表が見られることを期待しています。

 
 

17:00 | 投票する | 投票数(1)
2022/09/22

【国際】祝!文部科学大臣賞受賞!!

| by admin01

/17・18に東京市ヶ谷のJICA地球ひろばにてオンライン形式で行われた「第59回全国国際教育研究大会」に、3年A組のカスバディリオ・コロウィ・エリンさんが参加し、日本語弁論部門で「文部科学大臣賞」受賞という、輝かしい成績を収めました!

エリンさんは「変化を受け入れること」というタイトルで、フィリピンから来日した際の経験から、困難なことにも柔軟に対応することの大切さについて弁論を披露しました。これまでの県大会・関東大会とは異なり、事前録画した動画ではなく、ZOOM中継によるライブ・スピーチとなり、緊張も大きかったことと思いますが、時間をかけて日々取り組んだ練習の成果を存分に発揮し、堂々とした発表を披露してくれました!ライブ配信を御覧いただいた多くの方々からも、お褒めの言葉をいただきました。

今回のエリンさんの受賞で、国際教養クラスでの全国大会大臣賞の受賞は5人目となりました(外務大臣賞・文部科学大臣賞)。国際教養クラスでは、日本語を母語としない生徒への日本語指導の一環として、様々なスピーチコンテストに積極的に参加しています。今後とも、応援よろしくお願いいたします!

以下のURLから、全国大会の様子がYouTubeにて御覧いただけます。

パスワード、事前登録等は必要ありません。

 

YouTube Live】クリックするとエリンさんのスピーチから動画がスタートします!

 ➡︎ https://youtu.be/5ojnP11VaWA?t=13970

 

〇審査会場の様子です。ZOOM中継で学校から参加しました。


09:50 | 投票する | 投票数(3)
2022/08/17

【国際】全国日本語弁論大会へ!

| by 職員0259
こんにちは!国際部よりお知らせです。

3年A組国際教養クラスのカスバディリオ・コロウィ・エリンさんが、8/18に行われる第59回全国国際教育研究大会の日本語弁論部門に関東ブロック代表として出場します!

エリンさんは「変化を受け入れること」というタイトルで、フィリピンから来日した際の経験から、困難なことにも柔軟に対応することの大切さについて弁論を披露します。

今回の大会も、対面での開催を予定しておりましたが、コロナウィルス感染拡大の影響で、ZOOM中継方式へと実施形態を変更することで、ようやく無事に開催できる運びとなりました。まさに、エリンさんのスピーチの通り「変化を受け入れること」の大切さを痛感します。是非、多くの皆さんにスピーチを聴いていただきたいと思います。

以下、当日配信用のYoutubeアドレスです。8/18の10:00〜大会がスタートします。

【YouTube Live(対象:保護者などの一般視聴者)】
 ➡︎ https://youtu.be/5ojnP11VaWA 
 
日本語弁論は1時からで、エリンさんスピーチは1時40分頃〜の予定となっております。
なお、表彰式は3時半〜となります。

大会終了後も、上記のアドレスより大会の模様を御覧になれますので、是非応援よろしくお願いいたします!

12:00 | 投票する | 投票数(3)
2021/10/26

【国際】大学の先生によるZOOM講義を受講しました!

| by 職員0259

来年2月に開催予定の麗澤大学国際学部主催の高校生プレゼンテーションコンテストに国際教養クラス1・2年生及び総合進学クラス1年生の3クラスが本選出場を目指してチャレンジすることになりました。テーマは「日本の当たり前と世界をつないで、何ができるか」。これに関して、生徒が自ら課題を設定するヒントとして、国際学部の3名の先生方にZOOMによる特別講義をしていただきました!

10/6は、松島正明教授による「持続的開発目標(SDGs)」に関する講義でした。松島先生からはJICAで緒方貞子先生のもとでお仕事をされていた時の経験など、興味深いお話をいくつもいただきました。至るところで耳にするSDGsという言葉が本来どういう意味合いを持つ言葉なのか、成り立ちを含めて大変ていねいに解説していただきました。「SDGs2030年時の地球のあるべき姿/状態を描いている」という事実に触れ、多くの生徒が10年後の地球のために何をすべきかを具体的にイメージするきっかけとなりました。

10/7は、内尾太一准教授とジェイソン・モーガン准教授による講義でした。内尾先生のお話は「日本のあたり前と世界をつないで何ができるか」というものでした。コロナ以前でも、風邪を引いた時には他人にうつさないようにマスクを着用することが常識であった日本人の思いやりを世界に発信することなど、新しい着眼点をいくつもご紹介いただきました。また、プレゼンテーションの組み立て方に関する大変実践的なアドバイスもいただきました。

モーガン先生の講義は、大変流ちょうな日本語により行われました。吉野の森林保全運動や、土地の性質を生かした植樹方法である「宮脇方式」の紹介など、日本国内でのSDGs活動について、詳しくご紹介いただきました。アメリカ人であるモーガン先生から「海外だけでなく、日本(今住んでいる国・自分の国)の面白さにも目を向けよう」という提案をいただき、たくさんの生徒が刺激を受けていました。

 大学の先生方の大変興味深いお話に触れる大変有意義な機会となりました。麗澤大学の先生方、アドミッションセンターの北隅様、ありがとうございました。今月末にも、プレゼンテーションにあたりパワーポイントの作成方法についてのZOOM講義をしていただく予定です。


16:00 | 投票する | 投票数(1)
2021/10/26

【国際】イングリッシュキャンプを実施!

| by 職員0259

9/3010/12日間で、さわやかちば県民プラザにて、1年A組(国際教養クラス)生徒を対象に「イングリッシュキャンプ」を行いました。「キャンプ」といっても、宿泊ではなく2日間通いの行事なのですが、日本語禁止、2日間英語漬けの濃密なイベントです。

本校ALTのブランドン先生とディアナ先生が計画を立て、柏市の20名のALTの先生方の御協力のもと、自分の好きなものについて紹介する「Show Tell」、レストランでの注文の仕方や買い物、空港の入国審査など、様々な活動を行いました。

英語で発言したり、クイズに正解すると、先生方からWorm fuzzy(ワーム・ファジー)という毛糸をもらえます。なんと、2日間で150本以上集めた生徒もいました!

コロナウィルスの感染状況と台風の動きに注意しながらの開催となりましたが、無事に実施できましたことを大変うれしく思います。次年度のアメリカ語学研修に向けて、有意義なトレーニングとなりました。

 

柏市のALTの先生方とのグループ・トークの様子。

 

自分の好きなものを紹介する “Show and tell”の様子。

 

入国審査の様子。無事に通過できるか!?

 

発言するたびにもらえるWorm fuzzy、何個ゲットできたかな?

 
15:30 | 投票する | 投票数(1)
1234