習志野市立習志野高等学校     
~雑草の如く逞しく~
~習志野の王冠たれ~
 

日誌

校長先生の日記
12345
2020/11/04

習志野高校の創設について

| by kyoto08


                         令和2年11月5日
習志野高校の創設について
                       校 長 岩 波 永

皆さん、今日11月5日は本校の創立記念日です。

 習志野高校は昭和31年に設立が許可され、昭和32年4月14日に第1回の入学式を行った。校舎の落成と開校は同年の11月5日だった。(現在11月5日が創立記念日となっている。)習志野が市になって未だ数年であったが、当時の白鳥義三郎市長の決断で、習志野高校が設立された。当時、市立高校の創設にあたって、白鳥義三郎氏は、「今、市では、2つの大きな仕事にとりかかっています。天然ガスの試掘と市立高校の設置であります。地下資源の開発は習志野市の経済的発展の大きな土台となるべき重要な仕事であり、高校の創立は、それこそ時代を背負う立派な人材を育て上げる大事な事業です。それぞれ1億円前後の巨費を要しますので、現在の習志野市としては、むしろ分にすぎた事業とも思いますが、明治維新後、越後長岡藩の米百俵の話もあり、是非これは完成いたしたいと存じます。」この強い思いがなければこの習志野高校の誕生はなかった。白鳥義三郎氏は、「習志野高校を習志野市のシンボルにしたい。」「習志野高校は習志野市の王冠である。」と常々言っていたという。秋日和の11月5日、校庭で行われた開校式での式辞で、「10年の計は木を植うるにあり、100年の計は人を育てるにあり。」と熱っぽく訴えたそうである。


 初代の校長は山口久太氏である。前千葉県教育委員。習志野高校は初代校長山口久太氏をおいて、語ることはできない。氏の強烈な個性と情熱が習志野高校のあゆみを決めたといえよう。習志野高校新聞創刊号で次のように語っている。「私の決意にこたえるごとくして習高創業という、正に理想的な、天与の職場が与えられた。私は感激している。私は本当に感激してやっている。私とともにある先生方も、この習高教育に、情熱を捧げ尽くしている。生徒諸君も新しい学園づくりに自覚を持ちつつある。私共師弟は、がっちりと腕を組んで、スタートを切ったわけである。そして習高教育の目指すゴール、平和な社会の建設に、寄与出来る人物になろうと努めている。私共は、この険しい道を励まし合って前進している。今日も習志野の花薫る丘々にうつぼつとして、雲波がわいている。教師諸君よ、生徒諸君よ、さあ前進だ。」


 こうして、文武両道を目指す習志野高校の特色を標傍する「習志野の王冠たれ」「雑草の如く遅しく」という思いが、今日に至るまで生徒や市民の皆さんに語り継がれ、今日の伝統と伝説が築かれていくこととなりました。


13:42
2020/10/07

令和2年度修学旅行中止について

| by t06
2学年の生徒の皆さんへ

令和2年度修学旅行中止について 

11月10日から13日の日程で、広島・京都・大阪方面への修学旅行を予定していましたが、全国的に新型コロナウイルス感染症の収束の兆しは見えず、今後も予断の許さない状況のなか、修学旅行実施の可否について、何度も協議を重ねた結果、宿泊行事実施は危険度が高く、皆さんの安全を第一に考え、中止という結論に至りました。学年の先生方は、皆さんの入学直後から修学旅行の準備に取りかかりました。学校から出て、非日常・脱日常の体験をクラス単位、班単位で団体行動することは極めて有意義なことで、皆さんにとって大きな財産となるであろう修学旅行の実施に向けてここまで準備してきました。今年度、様々な行事が中止となっている中、修学旅行を心待ちにしていた皆さんのことを思うと、辛いものがありますが、苦渋の決断をしました。しかし、修学旅行は中止となりましたが、学年の先生方から、今後、全国の感染状況を注視しながらになりますが、この学年での集団行事をどうしても実施したいという強い思いから、日帰りの学年行事の実施を検討しています。具体的に内容等が決定しましたら、皆さんにお伝えします。
09:16
2020/05/01

在校生の皆さんへ

| by kyoto08
臨時休校で自宅学習を頑張っている習高生の皆さんへ
校長先生からのビデオメッセージです。


17:53
2020/04/28

生徒の皆さんへ

| by t07

令和2年4月28日

 生徒の皆さんへ

 

習志野市立習志野高等学校

                     校 長  岩 波  永

 

 4月17日に、千葉県高等学校体育連盟が6月末までの主催事業(県高等学校総合体育大会など)の中止を決定しました。そして、昨日(4月26日)、全国高等学校体育連盟が本年8月に全国21府県で30競技が実施予定だった「令和2年度全国高等学校総合体育大会」の全競技及び総合開会式の中止を決定しました。

 この苦渋の決断に達するまで、多くの時間と議論が費やされたと聞いています。

最終的には、選手、補助生徒、大会役員など大会に関わる全ての人々の安全と安心を確保することが困難だと判断したからです。

  

 それぞれの部活が新人戦を終え、春に向けてスタートした直後、日本国内で新型コロナウイルス感染症が発症し、日々めまぐるしく変化していく中で、学校も臨時休業を余儀なくされ、春の選抜大会や、日々の練習、そして遠征・合宿などすべての活動が停止となっている中、今回の決定が下されるということになりました。

 

 特に3年生の皆さんにとって、どれだけ辛いものかは、想像するに耐えがたいものがあります。運動部活動に一生懸命に取り組み、「インターハイ」という高校生最大のスポーツの祭典の出場を目指して、言葉では表せない努力をしてきた皆さんの気持ちを思うと、正直言葉がありません。皆さんの夢を奪ってしまったこの感染症が憎いです。

 

 しかし、後ろばかり見ていては、先には進めません。思い出してみてください。仲間と協力し、ともに汗を流した1日1日を。それが皆さんにとってかけがえのない大きな財産となり、この習志野高校に脈々と受け継がれている「雑草の如く 逞しく」という習高精神が身についたはずです。

これで終わりではありません。次へのステップに進むスタートの時なのです。

 3年生のみなさん、前を向きましょう。そして新たな一歩を踏み出しましょう。

皆さんの可能性は無限にあります。輝く未来に向けて飛躍されることを心から願っています。

そして、1・2年生が、皆さんの思いを胸に戦ってくれるはずです。それが「習高」だと私は信じています。

 

 皆さんには、この思い、誇りを忘れずに、これから進むべき道を一歩ずつしっかりと歩んでいってほしいと願っています。


12:01
2020/04/07

第64回入学式 校長式辞

| by t06

令和2年度 第64回習志野市立習志野高等学校入学式

校長式辞


 陽光みなぎり、美しい桜の花が、さも新入生を祝福しているようなこの佳き日に、お忙しいなかにも関わらず、習志野市長 宮本泰介 様、習志野市教育委員会学校教育部長 天田 正弘 様をお迎えし、保護者の皆様とともに、令和2年度習志野市立習志野高等学校入学式を挙行できますことは、誠にめでたく、喜びに堪えません。

 ただ今、入学を許可いたしました320名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

 令和2年がスタートして、まもなく日本国内で新型コロナウイルス感染症が発症し、日々状況がめまぐるしく変化していく中、自分の夢に向かい受験勉強に励み、入試の日を迎えたことでしょう。そして、学校が臨時休業となり、出口の見えない迷路にでも迷ったような不安を抱えながら中学校を卒業されたことと思います。
 本来ならば、全国に名をはせる本校の吹奏楽部の演奏で皆さんのご入学をお祝いするところでしたが、未だ迷走している状況であり、それがかなわないことが残念ですが、本日こうして皆さんを本校にお迎えすることできたことを教職員一同心から歓迎いたします。

 習志野高校は、昭和32年に県下2番目の市立高校として、次代を担う有為な人材の育成という大事業の名のもとに、習志野市民の期待を背に創立されました。旧津田沼小学校の仮校舎から円形校舎の津田沼の地を経て、昭和50年にこの地に移転し現在に至っています。
 その間、習志野市民の期待に応え、生徒と教職員の弛まぬ努力によって、文武両道の名門校として、その名を全国に轟かすまでになりました。私も、そうした先輩方の背中を見ながら、この習志野高校で高校生活の3年間を過ごしました。
 伝統とは、守るものではなく、挑戦して築き上げるものです。新入生の皆さんも、高い理想と目標のもとに、自分を鍛えて、人生を突き進み、習志野高校の新たな歴史を刻んでください。その過程では、厳しい試練が待ち受けているかもしれませんが、ひたむきに取り組むことで、必ず大きな成果が得られると信じてください。
 これからの高校生活の中で学業や部活動を通して、多くの苦労があると思いますが、そこから、逆境の中を生き延びる「雑草の如く逞しく」生きていく強さを持った人に成長してくれることを期待します。私たち教師は君たちを精一杯サポートしてゆきます。
 本来ならば、今日の入学式を終えて、明日から高校生活をスタートすべきところですが、千葉県内での新型コロナウイルスの感染者が新たに確認され、急速に感染が拡大していることから、5月6日まで臨時休業することとなりました。
 この不測の事態に対し、新入生の皆さんの心の中にもいろいろな思いがあると思いますが、夢と希望を忘れずに、学校が再開される日を迎えて欲しいと願います。

 終わりに、ご出席いただきました、保護者の皆様、本日より私どもがお子様の教育に携わることになりました。先ほども申し上げましたが、明日から高校生活がスタートできないことで保護者の皆様にも大きな不安を抱かせてしまうと思いますが、教職員一同、学校再開に向けて万全の体制を整える所存です。

 私は、子供たちには、高校生活の新しい出会いの中で、人との摩擦を恐れず、時にはぶつかり、時には励まし合い、共感したり、相手を思いやったりすることで、豊かな人間性を育むことを願っています。
 学校再開後、教職員一同、骨身を惜しまず、誠意をもって子供たちの教育に取り組む覚悟です。私どもを信頼していただき、本校の教育にご理解・ご協力をお願いしまして式辞といたします。

令和2年4月7日 


習志野市立習志野高等学校
校 長   岩 波  永


14:03
2020/04/06

第1学期始業式 校長式辞

| by t06

令和2年度 第1学期始業式

校長式辞


 生徒の皆さん、おはようございます。この4月から、校長として着任した岩波です。私も、皆さんと同じこの校舎で高校生活を過ごした同窓です。
 本来ならば、皆さんの前で、令和2年度のスタートにむけての挨拶を行うところですが、今回はこのような形で行わさせてもらいます。(校内放送形式での始業式) 

 令和2年がスタートしてまもなく、日本国内で新型コロナウイルス感染症が発症し、日々状況がめまぐるしく変化していく中で、学校も臨時休業を余儀なくされ、目指していた各大会等も中止になり、これからの高校生活にどう向き合っていけばよいのか、どう過ごしていけばよいのか、日々皆さんも不安と焦りの気持ちで押しつぶされそうな思いで過ごしていることと思います。
 3年生は、自分の進路、夢の実現に向けての高校生活集大成の1年であり、2年生にとっては、いよいよ自分の力を思う存分発揮する1年だと思います。
 そうした中、今本当につらい時期が続いていることは、先生方全員も十分に理解しています。私から、皆さんにお願いがあります。「今、自分たちが何をしなければならないのか」「何ができるのか」を一人一人が考えて、どう行動に移すかということです。
 新型コロナウイルス感染症は、自分とは遠い存在のもの、自分には関係のないもの、ではありません。この脅威から自分たちの生活を守るために、何ができるかを考えて欲しいです。皆さんにも、しなければならないこと、できることがあるはずです。一人一人が責任ある行動をとることが、この状況に打ち勝つための力となります。しいては、それがみなさんの本来活躍できるステージを取り戻すことにつながることでしょう

 本来ならば、明日から新学期をスタートする予定でしたが、千葉県内での新型コロナウイルス感染者が新たに確認され、急速に感染が拡大していることから、5月6日まで臨時休業することとなりました。ただし、感染の状況によっては、変更となる可能性もあります。

 こうした状況でも、みなさん、目先のことだけを見てしまい、それぞれの夢や希望を見失うことがないようにしてください。この習志野高校の門をくぐった1年前、2年前の時を思い出してみてください。きっと、強い覚悟、大きな目標をもって入学してきたことでしょう。目の前の試練に、つい弱くなり、一度楽な道を選択してしまえば、この先の人生で同じような場面に遭遇したとき、必ずまた楽な道を選択することになるでしょう。

 この習志野高校に脈々と受け継がれている「雑草の如く逞しく」という強い気持ちをみなさんは持っているはずです。

 今、不安と辛い気持ちで押しつぶされそうな時ですが、耐えなければなりません。乗り越えていかなければなりません。出口のないトンネルはありません。必ずその先には、皆さんが活躍するステージが待っています。今は暗闇の中、どう進めばいいのか不安で一杯でしょうが、その先の小さな光を見失うことなく、進んで欲しいと願います。
 今こそ、一人一人の心に宿る「習高精神」でこの逆境を乗り越えていきましょう。

 これが、令和2年度をスタートするにあたっての私から皆さんへのメッセージとします。


14:08
2020/03/31

今年も君子蘭(クンシラン)がきれいに咲きました!!

| by kotyo01

今年も君子蘭(クンシラン)がきれいに咲きました!


 習高の事務室前のロビーに、「君子蘭(クンシラン)」の花が咲きました。毎年この時期になると、鮮やかなオレンジ色の花がロビーを彩ります。
 よく見ると、2019年10月11日の校長レポートで紹介した美術部の鈴木涼太さん(新3年生)の彫刻作品「ムカシトカゲ」もロビーに現れました。隣の亀も鈴木さんの作品です。

 今年度も、校長レポートをご覧いただき、誠にありがとうございました。明日から始まる令和2年度も、習志野高校は、「習志野の王冠たれ」「雑草の如く逞しく」の精神を継承し、「文武両道」を目指し、皆様からますます愛され応援していただける学校となるよう頑張ります。
 令和2年度も皆様の熱い熱いご声援をよろしくお願い申し上げます。





21:53
2020/03/29

習高がうっすらと雪化粧しました!!

| by kotyo01
習高がうっすらと雪化粧しました!!

 もうすぐ4月というのに、季節はずれの雪が降りました。3月下旬に東京都心で1センチ以上の積雪が観測されたのは、1988年以来32年ぶりということです。習高もうっすらと雪化粧し、満開に近い桜は、今日はとても寒そうでした。

 

 新型コロナウィルスの集団感染が東京や千葉県で発生するなど、感染拡大が続いています。生徒の皆さんの安全を守るため、やむを得ず、部活動を3月27日(金)17時から4月3日(金)まで中止としました。(3日以降については、今後連絡します。)
 新学期の学校再開も不透明な中、生徒の皆さんも不安な気持ちで一杯だと思います。手洗いや咳エチケットはもちろんですが、不要不急の外出は極力避けるとともに、換気の悪い密閉空間、.多数の人が集まる密集空間、.間近で会話や発声をする密接空間の「三密」も避けるなどの対策をしっかりと取ってください。自ら正しい情報を収集し、自分でしっかりと判断することが大切です。
 また、このような時こそ、規則正しい生活を心がけてください。その中で、自分で毎日の計画立てて学習することが大切です。新学期の予習をするのもよいでしょう。新3年生は、受験に向けての勉強を始めるチャンスだと思います。以前にも紹介しましたが、文部科学省のホームページの「子供の学び応援サイト」など、インターネットで検索すると皆さんの学びを支援するコンテンツがたくさん紹介されています。読書もお勧めですよ。本当の学習の仕方を身につけられるチャンスです。是非、主体的な学びを始めてください。
 生徒の皆さんは、事故や病気にはくれぐれも気をつけて、4月6日の始業式には全員が元気に登校してください。












 


23:12
2020/03/24

令和元年度は素晴らしい一年でした!!

| by kotyo01

令和元年度は素晴らしい一年でした!!

       

 全国小中高・特別支援学校に対して、日本政府が一斉休校の要請をしたのに伴い、習志野高校も32日から臨時休校としました。これにより、卒業式を規模を縮小して行ったり、学年末考査を中止し年度末の学習のまとめができなくなったり、部活動が制限されたりと、皆さんの学校生活に大きな影響が出ました。感染症拡大を防止するためとはいえ、本当に申し訳ありませんでした。

 中途半端な状態で令和元年度が修了しますが、今年度は習志野高校にとってとても素晴らしい一年でした。習高生の底力や素晴らしさをたくさん見せてもらいました。

 9月の習高祭文化の部では、皆さんが「最高の笑顔」と「気配りの心」で2,200名を超えるお客様をもてなしてくれました。習高祭体育の部でも、例年にない多くの来校者の前で、皆さんはエネルギッシュなパフォーマンスを披露してくれました。11月の修学旅行では、さすがは習高生という規律ある行動を見せてもらいました。こうした行事を通して、学校全体が活気で満ち溢れ、習高生の一体感を覚えました。

 また、今年度の進路状況をみると、卒業した3年生がよく頑張ってくれました。国公立の千葉大学工学部と沖縄県立芸術大学音楽学部に、私学では、上智大学、早稲田大学、学習院大学、東京理科大学等にも合格しています。就職では東京国税局等の公務員に多数合格しています。また、浪人生も、早稲田大学、慶應義塾大学、立教大学、明治大学、法政大学、立命館大学等の難関大学に合格しています。1,2年生の皆さんは、こうした先輩たちに負けないように、これからも目標を持ってしっかりと学習してください。

 部活動では、野球部が春の選抜大会で準優勝、44年振りの春夏連続での甲子園出場という快挙を成し遂げました。また、ボクシング部、柔道部がインターハイに出場、吹奏楽部が全国大会で金賞や銀賞を受賞するなど、大きな成果を上げてくれました。また、国際大会でも習高生は大活躍でした。野球部飯塚脩人選手(3年生)「侍ジャパン」のU-18高校日本代表に選出され、WBSC U-18ベースボールワールドカップで大活躍しました。ボクシング部堤麗斗選手(2年生)ASBCアジアユース選手権大会の60Kg級で優勝、柔道部後藤颯太選手(1年生)が、アジアカップカデ&ジュニア香港2019に出場し73kg級で優勝を果たしました。全国、そして世界に習志野高校の名を響き渡らせてくれました。来年度も皆さんの活躍に期待します。

 春の到来を告げる、桜の開花のニュースが日本各地で聞かれるようになりました。今年は暖冬で例年と比べて一週間ほど開花が早く、習高の桜も一気に満開を迎えそうです。今日で令和元年度が修了します。昨年4月に抱いた「夢」や「志」に、この一年で少しでも近づけたでしょうか。そのための目標は達成できたでしょうか?人間が成長していくためには、常に自分自身のことを振り返る必要があります。今年度の自分自身の学校生活を振り返り、反省すべきところはしっかりと反省し、新年度につなげてください。この春休みは、事故や病気にはくれぐれも気をつけてください。46日の始業式では、元気な皆さんに会えるのを楽しみにしています。

 


17:13
2020/03/24

生徒の元気な声が校舎に戻ってきました!!

| by kotyo01
生徒の元気な声が校舎に戻ってきました!!

 

 本日、習高では生徒の一部登校が行われました。

生徒は、いつものように昇降口に立っている私と挨拶を交わし、急いで教室に向かっていきました。静まり返った校舎に、久しぶりに生徒の元気な声が戻ってきました。

 本日の一部登校では、終業式は行わず教室でLHRを行いました。新年度に向けて教室移動を行い、通知表を渡すなどして1時間程度で生徒は下校となりました。

 生徒の皆さんは、明日から春休みに入りますが、事故や病気にはくれぐれも気をつけて、46日の始業式には元気に登校してください。

なお、一部登校を実施するに当たっては、学年ごとに時差を付けて生徒を登校させ、登校の際はできるだけマスクを着用させました。また、昇降口にはアルコール消毒のスプレーを置き、教室等の窓を開けるなどの新型コロナウィルス感染症の拡大防止の対策を取りました。

 



15:47
12345