習志野市立習志野高等学校     
~雑草の如く逞しく~
~習志野の王冠たれ~
 

日誌

校長先生の日記 >> 記事詳細

2020/03/24

令和元年度は素晴らしい一年でした!!

| by kotyo01

令和元年度は素晴らしい一年でした!!

       

 全国小中高・特別支援学校に対して、日本政府が一斉休校の要請をしたのに伴い、習志野高校も32日から臨時休校としました。これにより、卒業式を規模を縮小して行ったり、学年末考査を中止し年度末の学習のまとめができなくなったり、部活動が制限されたりと、皆さんの学校生活に大きな影響が出ました。感染症拡大を防止するためとはいえ、本当に申し訳ありませんでした。

 中途半端な状態で令和元年度が修了しますが、今年度は習志野高校にとってとても素晴らしい一年でした。習高生の底力や素晴らしさをたくさん見せてもらいました。

 9月の習高祭文化の部では、皆さんが「最高の笑顔」と「気配りの心」で2,200名を超えるお客様をもてなしてくれました。習高祭体育の部でも、例年にない多くの来校者の前で、皆さんはエネルギッシュなパフォーマンスを披露してくれました。11月の修学旅行では、さすがは習高生という規律ある行動を見せてもらいました。こうした行事を通して、学校全体が活気で満ち溢れ、習高生の一体感を覚えました。

 また、今年度の進路状況をみると、卒業した3年生がよく頑張ってくれました。国公立の千葉大学工学部と沖縄県立芸術大学音楽学部に、私学では、上智大学、早稲田大学、学習院大学、東京理科大学等にも合格しています。就職では東京国税局等の公務員に多数合格しています。また、浪人生も、早稲田大学、慶應義塾大学、立教大学、明治大学、法政大学、立命館大学等の難関大学に合格しています。1,2年生の皆さんは、こうした先輩たちに負けないように、これからも目標を持ってしっかりと学習してください。

 部活動では、野球部が春の選抜大会で準優勝、44年振りの春夏連続での甲子園出場という快挙を成し遂げました。また、ボクシング部、柔道部がインターハイに出場、吹奏楽部が全国大会で金賞や銀賞を受賞するなど、大きな成果を上げてくれました。また、国際大会でも習高生は大活躍でした。野球部飯塚脩人選手(3年生)「侍ジャパン」のU-18高校日本代表に選出され、WBSC U-18ベースボールワールドカップで大活躍しました。ボクシング部堤麗斗選手(2年生)ASBCアジアユース選手権大会の60Kg級で優勝、柔道部後藤颯太選手(1年生)が、アジアカップカデ&ジュニア香港2019に出場し73kg級で優勝を果たしました。全国、そして世界に習志野高校の名を響き渡らせてくれました。来年度も皆さんの活躍に期待します。

 春の到来を告げる、桜の開花のニュースが日本各地で聞かれるようになりました。今年は暖冬で例年と比べて一週間ほど開花が早く、習高の桜も一気に満開を迎えそうです。今日で令和元年度が修了します。昨年4月に抱いた「夢」や「志」に、この一年で少しでも近づけたでしょうか。そのための目標は達成できたでしょうか?人間が成長していくためには、常に自分自身のことを振り返る必要があります。今年度の自分自身の学校生活を振り返り、反省すべきところはしっかりと反省し、新年度につなげてください。この春休みは、事故や病気にはくれぐれも気をつけてください。46日の始業式では、元気な皆さんに会えるのを楽しみにしています。

 


17:13