習志野市立習志野高等学校     
~雑草の如く逞しく~
~習志野の王冠たれ~
 

日誌

校長先生の日記 >> 記事詳細

2020/04/07

第64回入学式 校長式辞

| by t06

令和2年度 第64回習志野市立習志野高等学校入学式

校長式辞


 陽光みなぎり、美しい桜の花が、さも新入生を祝福しているようなこの佳き日に、お忙しいなかにも関わらず、習志野市長 宮本泰介 様、習志野市教育委員会学校教育部長 天田 正弘 様をお迎えし、保護者の皆様とともに、令和2年度習志野市立習志野高等学校入学式を挙行できますことは、誠にめでたく、喜びに堪えません。

 ただ今、入学を許可いたしました320名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

 令和2年がスタートして、まもなく日本国内で新型コロナウイルス感染症が発症し、日々状況がめまぐるしく変化していく中、自分の夢に向かい受験勉強に励み、入試の日を迎えたことでしょう。そして、学校が臨時休業となり、出口の見えない迷路にでも迷ったような不安を抱えながら中学校を卒業されたことと思います。
 本来ならば、全国に名をはせる本校の吹奏楽部の演奏で皆さんのご入学をお祝いするところでしたが、未だ迷走している状況であり、それがかなわないことが残念ですが、本日こうして皆さんを本校にお迎えすることできたことを教職員一同心から歓迎いたします。

 習志野高校は、昭和32年に県下2番目の市立高校として、次代を担う有為な人材の育成という大事業の名のもとに、習志野市民の期待を背に創立されました。旧津田沼小学校の仮校舎から円形校舎の津田沼の地を経て、昭和50年にこの地に移転し現在に至っています。
 その間、習志野市民の期待に応え、生徒と教職員の弛まぬ努力によって、文武両道の名門校として、その名を全国に轟かすまでになりました。私も、そうした先輩方の背中を見ながら、この習志野高校で高校生活の3年間を過ごしました。
 伝統とは、守るものではなく、挑戦して築き上げるものです。新入生の皆さんも、高い理想と目標のもとに、自分を鍛えて、人生を突き進み、習志野高校の新たな歴史を刻んでください。その過程では、厳しい試練が待ち受けているかもしれませんが、ひたむきに取り組むことで、必ず大きな成果が得られると信じてください。
 これからの高校生活の中で学業や部活動を通して、多くの苦労があると思いますが、そこから、逆境の中を生き延びる「雑草の如く逞しく」生きていく強さを持った人に成長してくれることを期待します。私たち教師は君たちを精一杯サポートしてゆきます。
 本来ならば、今日の入学式を終えて、明日から高校生活をスタートすべきところですが、千葉県内での新型コロナウイルスの感染者が新たに確認され、急速に感染が拡大していることから、5月6日まで臨時休業することとなりました。
 この不測の事態に対し、新入生の皆さんの心の中にもいろいろな思いがあると思いますが、夢と希望を忘れずに、学校が再開される日を迎えて欲しいと願います。

 終わりに、ご出席いただきました、保護者の皆様、本日より私どもがお子様の教育に携わることになりました。先ほども申し上げましたが、明日から高校生活がスタートできないことで保護者の皆様にも大きな不安を抱かせてしまうと思いますが、教職員一同、学校再開に向けて万全の体制を整える所存です。

 私は、子供たちには、高校生活の新しい出会いの中で、人との摩擦を恐れず、時にはぶつかり、時には励まし合い、共感したり、相手を思いやったりすることで、豊かな人間性を育むことを願っています。
 学校再開後、教職員一同、骨身を惜しまず、誠意をもって子供たちの教育に取り組む覚悟です。私どもを信頼していただき、本校の教育にご理解・ご協力をお願いしまして式辞といたします。

令和2年4月7日 


習志野市立習志野高等学校
校 長   岩 波  永


14:03