習志野市立習志野高等学校     
~雑草の如く逞しく~
~習志野の王冠たれ~
 

日誌

校長先生の日記 >> 記事詳細

2020/04/06

第1学期始業式 校長式辞

| by t06

令和2年度 第1学期始業式

校長式辞


 生徒の皆さん、おはようございます。この4月から、校長として着任した岩波です。私も、皆さんと同じこの校舎で高校生活を過ごした同窓です。
 本来ならば、皆さんの前で、令和2年度のスタートにむけての挨拶を行うところですが、今回はこのような形で行わさせてもらいます。(校内放送形式での始業式) 

 令和2年がスタートしてまもなく、日本国内で新型コロナウイルス感染症が発症し、日々状況がめまぐるしく変化していく中で、学校も臨時休業を余儀なくされ、目指していた各大会等も中止になり、これからの高校生活にどう向き合っていけばよいのか、どう過ごしていけばよいのか、日々皆さんも不安と焦りの気持ちで押しつぶされそうな思いで過ごしていることと思います。
 3年生は、自分の進路、夢の実現に向けての高校生活集大成の1年であり、2年生にとっては、いよいよ自分の力を思う存分発揮する1年だと思います。
 そうした中、今本当につらい時期が続いていることは、先生方全員も十分に理解しています。私から、皆さんにお願いがあります。「今、自分たちが何をしなければならないのか」「何ができるのか」を一人一人が考えて、どう行動に移すかということです。
 新型コロナウイルス感染症は、自分とは遠い存在のもの、自分には関係のないもの、ではありません。この脅威から自分たちの生活を守るために、何ができるかを考えて欲しいです。皆さんにも、しなければならないこと、できることがあるはずです。一人一人が責任ある行動をとることが、この状況に打ち勝つための力となります。しいては、それがみなさんの本来活躍できるステージを取り戻すことにつながることでしょう

 本来ならば、明日から新学期をスタートする予定でしたが、千葉県内での新型コロナウイルス感染者が新たに確認され、急速に感染が拡大していることから、5月6日まで臨時休業することとなりました。ただし、感染の状況によっては、変更となる可能性もあります。

 こうした状況でも、みなさん、目先のことだけを見てしまい、それぞれの夢や希望を見失うことがないようにしてください。この習志野高校の門をくぐった1年前、2年前の時を思い出してみてください。きっと、強い覚悟、大きな目標をもって入学してきたことでしょう。目の前の試練に、つい弱くなり、一度楽な道を選択してしまえば、この先の人生で同じような場面に遭遇したとき、必ずまた楽な道を選択することになるでしょう。

 この習志野高校に脈々と受け継がれている「雑草の如く逞しく」という強い気持ちをみなさんは持っているはずです。

 今、不安と辛い気持ちで押しつぶされそうな時ですが、耐えなければなりません。乗り越えていかなければなりません。出口のないトンネルはありません。必ずその先には、皆さんが活躍するステージが待っています。今は暗闇の中、どう進めばいいのか不安で一杯でしょうが、その先の小さな光を見失うことなく、進んで欲しいと願います。
 今こそ、一人一人の心に宿る「習高精神」でこの逆境を乗り越えていきましょう。

 これが、令和2年度をスタートするにあたっての私から皆さんへのメッセージとします。


14:08