神資研タイトル
 

 

 

ログイン

お知らせ

     賛助会員の皆様のバナー広告を掲載しています
        
当会の事業を応援して下さっている賛助会員の方々に、会員の皆様への広報の場として
ホームページにバナー広告枠を設けることといたしました。
右枠下方に掲載しておりますので、是非ご活用ください。
 

お知らせ

事務局からのお知らせ
12345
2023/01/19

神資研2月例会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 石井@事務局
神資研2月例会
講演会●「バーチャルライブラリへのチャレンジ

■日 時:2023 年2月 17 日(金)14:00~15:30
■講 師:中村 茂登子氏  横井 研哉氏
   (株式会リコー 先端技術研究所 技術情報センター)   
■司 会:中村 茂登子氏
■内 容:
2年半におよぶコロナ禍により、社会では働き方改革が更に進み
テレワークなど多様な働き方を選択できるようになってきました。
情報を提供する私たちもユーザの変化に合わせ、学術情報の提供方法を模索し、
デジタル化を急ピッチに取り組んできました。
一方で、リアルな「場」での情報の提供やブラウジングは重要ですが、
効果的な活用を十分見いだせないままでは、継続が難しい局面を迎えます。
 そのような中、図書館でもDXを推進し、ARとVRなどの技術応用を耳にするようになってきました。今回は、リアルな「場」と非来館者をつなぐバーチャルな「場」の提供方法として、
企業図書館の取り組み事例を、神資研らしく身近な問題を
新しい視点からのチャレンジとしてご紹介いたします。
新しい年最初の例会で、利用スタイルが多様化しているユーザへの提供方法や
アイデアなどを、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
事例紹介の終了とには、任意参加の「放課後タイム」も予定しています。ぜひ、皆様のご参加をお待ちしています。 主な内容・事例紹介:(株)リコー技術情報センター 360度ビューアを利用したバーチャルライブラリ ・放課後タイム(任意参加です):あれこれざっくばらんに!

■Zoomによるオンライン開催となりますので、事前申込が必要となります。
■会員限定(賛助・個人を含む)とさせていただきます。
■当日視聴される機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に届くメールアドレスをご登録ください。
■同一機関のお申し込みは5名様までとさせていただきます。

11:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/10/14

神資研10月例会のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 石井@事務局
神資研10月例会
講演会●「学術情報の歩み―学術雑誌の誕生からオープンアクセスまで

■日時:2022年10月21日(金)  14:00~16:00
■講師:有田 正規氏(国立遺伝学研究所教授、生命情報・DDBJセンター長)
■司会:末廣 恒夫氏(株式会社 資生堂)
■内容:
 資料室担当者は、日々学術情報を扱っています。
 学術文献をどのように入手するか、毎年の学術雑誌の価格高騰にどう対応するか、
 電子ジャーナルの契約をどうするか、オープンアクセスはどこまで使えるか、 等々、
 悩みは尽きません。
 学術雑誌の高騰問題や、電子ジャーナルについては、これまでも神資研の例会で
 取り上げてきました。
 しかし、解決方法を見つけることは難しく、長い間資料室担当者の頭を
 悩ませ続けています。
 なぜ、学術情報は、このような現状になってしまったのでしょうか。
 10月例会は、昨年「学術出版の来た道」(岩波科学ライブラリー)を出版された、
 国立遺伝学研究所の有田正規教授を講師にお迎えし、学術情報はどのように誕生 し、
 どのような経緯を経て今のような状況になっているのかについて、ご講演いただきます。
 さらに、オープンアクセスの動向についても触れていただきます。
 簡単に解決できる問題ではありませんが、この経緯を理解することで、
 考えるためのベースを築くことができると思います。
 ふるってご参加ください。

□Zoomによるオンライン開催となりますので、事前申込が必要となります。
□会員限定(賛助・個人を含む)とさせていただきます。
□当日視聴される機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に届く
  メールアドレスをご登録ください。
□同一機関のお申し込みは5名様までとさせていただきます。

13:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/08/30

神資研9月例会のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 石井@事務局
神資研9月例会
講演会●「文献複写の電子化著作権処理(電子入手・電子保存)について

■日時:2022年9月16日(金)  14:00~15:30
■講師:河本 茉莉那 氏メデックス・ジャパン株式会社 
           ドキュメントソリューション事業部 マネージャー)
             堺 登範 氏(メデックス・ジャパン株式会社 代表取締役社長)
■司会:青木 愛子 氏(関西ペイント株式会社)
■内容:
 文献の入手方法として、電子での入手が普及し、利用者からも希望する声が
 多くなっているのではないでしょうか。
 電子入手は便利であるが故に誤った使い方もし易く、神資研会員の皆さんは
 常に情報へのアンテナを張っていらっしゃることと思います。
 9月例会は今年度の「文献複写シリーズ」第2弾として、
 文献複写の電子化著作権処理(電子入手・電子保存)について、
 学術文献の主だった著作権管理団体の仕組みと動向をもとに、
 文献複写の電子化が可能な範囲や制限などについてご説明いただきます。
 そして、電子で取り寄せた文献をデータベース化して社内やグループで共有する場合の
 注意点や、データベース化が可能な範囲についてもお話しいただきます。
 また、利用者からの依頼で入手に手こずったり、断念することもあるマイナー規格や
 調査が必要な書籍、市場調査レポートの取り寄せや購入代行などについても
 お話しいただきます。
 皆様のご参加をお待ちしております。

□Zoomによるオンライン開催となりますので、事前申込が必要となります。
□会員限定(賛助・個人を含む)とさせていただきます。
□当日視聴される機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に届く
  メールアドレスをご登録ください。
□同一機関のお申し込みは5名様までとさせていただきます。
■今回の例会については同業他社の参加はご遠慮ください。

14:07 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2022/06/28

神資研7月例会のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 石井@事務局
神資研7月例会
講演会●「オープンアクセスの現状とSpringer Natureの活動

■日時:2022年7月15日(金)  14:00~16:00
■講師:浦上 裕光 氏
  (アカデミック・エンゲージメント・ディレクター、シュプリンガー・ネイチャー)
■司会:柳一美 氏(日立製作所)
■内容:
学術情報のデジタル化、オンライン化が進展する中で、
知の情報交流による創造活動活発化のために論文などの研究成果を無料公開し、
即時に利用できるようにしようという様々な動きが生まれています。
学術情報流通のありかたが変化し、新しい概念や提供方法が生まれ発展し続けています。
今回の例会では、こうした動きの中心となるオープンアクセスについて、
関係する用語や考え方、利用法などを紐解いていただくともに、
まだなじみの薄いプレプリントや転換契約についても解説していただきます。
また、国内や海外の動きについてもお話いただきます。
学術情報流通について、一緒に学ぶ機会にしたいと思います。
皆様のご参加をお待ちしています。

□Zoomによるオンライン開催となりますので、事前申込が必要となります。
□会員限定(賛助・個人を含む)とさせていただきます。
□当日視聴される機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に届く
  メールアドレスをご登録ください。
□同一機関のお申し込みは5名様までとさせていただきます。
□申込時に同意いただけた場合は、講師への参加者名簿提供がございます。

14:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/06/08

神資研6月例会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 石井@事務局
神資研6月例会
講演会●「研究を支援する最適な学術文献ワークフローソリューション

■日 時:2022 年6月 17 日(金)14:00~15:30
■講 師:麿 尚久 氏
  (株式会社サンメディアArticle Direct & NPA イニシアチブグループ マネージャー) 
        古賀 めぐみ 氏
       (株式会社サンメディアArticle Direct & NPA イニシアチブグループ リーダー)
     堀 恭子 氏(株式会社サンメディアCCS権利処理推進室 マネージャー)

■司 会:延 明美 氏(高砂香料工業株式会社 研究開発本部)
■内 容:
  今般の新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、現在多くの企業や大学等の
  教育・研究機関がDX(デジタルトランスフォーメーション)推進の一つとして、
  生産性の向上や働き方改革を目的に、テレワークやオフィスのフリーアドレス等の
  活用が広がりを見せています。

  こうした変化は、学術情報の流通がよりデジタルへの移行に加速し、
  また文献情報の調査発見・入手・管理・二次利用とそれに伴う著作権管理等の
  一連の  ワークフロー全体を見直す契機となり、その結果図書室や情報管理部門では
  学術情報サービスの運用について新しいニーズや課題が生まれてきています。

  そこで、研究を支援する最適な学術文献のワークフローソリューションのご紹介を
  頂きながら、皆様と一緒にこのテーマについて考えて参りたいと思います。

  皆様のご参加をお待ちしております。 

□Zoomによるオンライン開催となりますので、事前申込が必要となります。
□会員限定(賛助・個人を含む)とさせていただきます。
□当日視聴される機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)に届く
  メールアドレスをご登録ください。
□同一機関のお申し込みは5名様までとさせていただきます。
■今回の例会については同業他社の参加はご遠慮ください。

00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345